代表挨拶

代表 岡田 孝功

経営理念

共存共栄で存続し、技術力で日本の産業を向上させ人々の豊かな暮らしに貢献します


経営方針

技術で生きる -Live with technology-
「技術者を輩出する企業になる」を信念とし、成長し続ける組織体制で技術集団を構築する

代表取締役 岡田 考功
代表 岡田 孝功

お客様へ

私は、”機械設計”はモノづくりに最も重要な役割だと考えています。
設備のメンテナンス性、安全性はもちろんですがイニシャルコスト、ランニングコストを下げるのも設計の役割です。
一つ間違いをすると組立コスト、部品製作コストが高くなることを認識し「妥協せず納期を守り、ミス0で良い設備をお客様と共につくる」を目標にしています。
仕様書に基づく設計も大事ですが、2ユニットを1ユニットにできないか等も考え、「全貌を理解し仕様をこえる提案」を心掛けています。
しかし、重要な役割だけに機械設計技術者が一人前になるのは約10年は必要と言われていますが、短期間で貢献できる人材育成の体制を組み、提案型の設計で良いモノづくりに貢献します。
設計会社の理想の形は、お客様と同じ観点を持ち、開発パートナーとしてWin-Winの関係を築き、長く続けることだと考えています。
そのために日々努力・創意工夫し技術力、組織力を向上させ進化し続けていきます。

入社を検討されている方へ

弊社は社員全員が「財産」です。
社員、家族を大切にし、日本の産業に貢献できる設計者に育てることを常に考えています。
また、人は仲間との一体感や自己成長を感じる時に【幸福感】を味わいます。
社員の絆や成長のためにどうしたらよいか、設計に集中しやすい環境は何なのかを考え、定年退職までに3回は心の底から「播州機械に就職してよかった」と思える会社作りをしています。

若い方へ

モノづくりはいろいろな技術で成り立っていますが、どの技術でも大事なことが「熱意」「知恵」で、経験上この2つが揃うと必ず人を「感動」させるモノができます。
この感動こそが人と人との強い絆を生みさらによいモノづくりへと発展していきます。
しかし「熱意」「知恵」は簡単に習得できるものではなく、会社の環境と日々の努力の積み重ねで習得できるものです。
弊社ではその2つが習得できる教育体制ですので、機械設計補助からスタートして機械設計技術者を目指して下さい。

共に技術を磨きプロの技術集団の一員になりましょう。

中堅の方へ

本当にモノづくりが好きな方は、完全な管理職になるのは戸惑うことが多いようです。
私は、モノづくりの業界では人を管理するのではなく、全員で技術を磨きよいモノづくりをする方が団結力のある部署ができると考えています。
責任を持って行動できるのであれば人を管理するだけの管理職は必要ありません。
弊社では、1人1人が責任を持って行動することにより完全な管理職という概念を取り払い、社員全員でモノづくりに打ち込める会社となります。
また会社作りもモノづくりと同じで社員全員で作り上げるものだと考えていますので是非、共に人生をかけてよい会社、よいモノをつくり世の中を感動させ形に残していきましょう。

それではモノづくりに興味ある方、共に成長できる方の御連絡をお待ちしています。